【訃報】ProphetとMIDIを生んだシンセサイザー開発者、デイブ・スミス氏が死去
picture
1:ID:CAP_USER9

ProphetとMIDIを生んだシンセサイザー開発者、デイブ・スミス氏が死去 - ITmedia NEWS

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2206/02/news098.html



2022年06月02日 11時49分 公開
[松尾公也,ITmedia]

https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2206/02/koya_davesmith1.png


訃報を告げるSequential公式サイトより

https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2206/02/l_koya_prophet5.png


Prophet-5

スミス氏は、ローランド創業者の梯郁太郎氏とともに、電子楽器の共通規格で今も広く使われているMIDI(Musical Instrument Digital Interface)の共同提案者としても広く知られている。

 Sequential Circuitsは1974年に創業され、1977年には初のプログラマブルなポリフォニックシンセサイザー「Prophet-5」を発売。YMOをはじめとする多くのミュージシャンに愛された。

 その後はヤマハの子会社で物理モデリングとソフトウェアシンセサイザーを研究。KORGのカリフォルニアR&Dグループで、同社の「Wavestation」開発にも関わった。

https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2206/02/koya_davesmith2.jpg


デイブ・スミス氏


その後は世界初のIntelプロセッサベースのソフトウェアシンセサイザーを開発するなどしたが、自身の名を冠したDave Smith Instrumentsを起業しハードウェアシンセサイザーに復帰。同じく電子楽器のレジェンドであるトム・オーバーハイム氏と「OB-6」を、ロジャー・リン氏と「Tempest」ドラムマシンを開発するなど精力的に活動を続けていた。

 2018年にはDave Smith InstrumentsをSequentialに改名、(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


65:ID:4XmbofX20

>>1
最も偉いのはローランドの故会長だけどな
富田勲も協力した


2:ID:eQIAfyID0

カスラックに潰された文化


3:ID:ENWP0Ov50

※関連リンク


https://twitter.com/5chan_nel

(5ch newer account)


4:ID:pqk156/Q0

r.i.p.


5:ID:4PcSEhVi0

アマ作曲家とか耳コピストとか面白いのがいっぱいいたのに荒野になったよね


7:ID:Ljx2mHeG0

midiはカスラック禍で一気に廃れたな


8:ID:uOuD6V6O0

通信カラオケも全部midiだからね


14:ID:p8AiQE7R0

APとロジックとAKがある
俺の頭は…


19:ID:2NMjcVCt0

MIDI規格って1981年の発表以来、
40年近く一度もバージョンアップせずに1.0のまま
音楽製作の現場で使われ続けたというのが凄いな
2020年に初のバージョンアップで2.0が出たけど

いかに先見性のある規格だったか分かる


22:ID:ncjpzrXa0

プロフィットは久石譲が使っていたな

三井住友カードが人気の理由は早さと還元率!


28:ID:Pt2Q0ejD0

亡くなったのか
Prophet-5当時バカ高かったけど思い切ってローン組んで買ったが
出音はいいけど故障がちでローン地獄に苦しんだ思い出。。。


107:ID:OrebK6r90

>>28
出た当時の定価は170万だったよね


29:ID:U7uFwPUD0

(・∀・;)この人凄いな


39:ID:AFl9b2Tn0

ミディアムでお願いします。


40:ID:AsnkVvyS0

この死は
rev4の良い広告だわな


43:ID:f4OxBtzZ0

midi以前に音楽教室の演奏にすら使用料徴収しようとしてるから言ってみれば楽譜見て演奏するレベルでも料金取ろうとしてるからな
このままいけば演奏という文化そのものが衰退するだろうね


46:ID:CdQEivNl0

ライルメイズは
オービーハイムだったわ


48:ID:lzHaYsqk0

彼がいなけりゃYMOやTMネットワークが成功することはなかった


49:ID:iLOOSQOz0

>>48
そういえば小室もpro600やpro5やproVS使ってたんだったよな


54:ID:q+NKVjwaO

MIDIがあったからあのHPがより輝いてたのにジャスラックは酷いよね


56:ID:KBGqXPnd0

MIDIの前はゲートな


58:ID:SUJv8omL0

すごい再現度とおもったMIDIも今聞くとしょぼかったり
それはそれで味があるけど時代でしたな


63:ID:3mRY/dOn0

シンセサイザー大好きな俺としては誠に悲しい


84:ID:I5whadoD0

大貫妙子のCARNAVALはProphet5が終始リードで炸裂してましたな


88:ID:DfnBsIYE0

ボタン1つで音色が変わるのが画期的だった


91:ID:PpF8oyj70

某アーティストのライブ演出でMIDIとSMPTE使いまくってたからお世話になったわ
ご冥福


93:ID:zLpwYjeS0

>>91
誰?


92:ID:xQGNFqFz0

坂本龍一が作ったレコード会社の名はMIDIレコード
YMOの新作が出ないので倒産したらしい


94:ID:LnYJQ1C70

Prophet-5といえばオフコースのYes-Noのイントロ

https://www.youtube.com/watch?v=wscQ1wm2fzI

96:ID:kpmbf7jL0

池田エライザ sweet memories



これProphet5だよね?有識者いますか?


97:ID:LnYJQ1C70

Prophet-5のRev3じゃね?


99:ID:bUveF6Pe0

コンサートの照明機器の制御にも
MIDIが使われてたことあったよね?


102:ID:YhnUlTk10

>>99
それはDMX
内部スコアの記述がMIDI(SMF)に準拠だったってだけでMIDIとは別物

DMXとMIDIの通信規格をごっちゃにしてる馬鹿も多いが
内部制御も今はMusicXMLからDMXに渡すのが標準


104:ID:mXnekwWC0

>>102
DMXじゃなくてMIDIで制御していたことあるよ。
某アーティストの現場だとMIDIキーボードと


101:ID:FVbKZgHb0

デイブ・スミスは24歳でシーケンシャルサーキットを起業したのが凄い。
72歳で亡くなったとは。
とっくに80歳を超えているのかと思っていたよ。


105:ID:mXnekwWC0

デジタルミキサー使って照明制御してた


106:ID:AEKspXCt0

アメリカのシンセメーカーはどれも創業者と技術開発者経営者が同じなんだよね
モーグはモーグ博士、ARPはアラン・パールマン、オーバーハイムはトム・オーバーハイム
シーケンシャルはデイヴ・スミス、みたいに
そんで一時的に大儲けするものの、放漫経営がたたってどれもこれも全部潰れてしまう

一方、日本のメーカーは「この人が作った」というのはほとんど表に出てこない
ヤマハ、コルグ、ローランドというメーカーはよく知られていてその機種も有名なんだけど
誰が作ったなんて一部の好事家以外誰も知らない
そしてヤマハ、コルグ、ローランド等日本メーカーは紆余曲折ありながら今もそのまま生きながらえてる


110:ID:imRBeET20

一時期は波形データを切り貼りが流行ってたけど
00年代後半くらいからはもうひたすらmidiだろ


111:ID:MxnCLzUA0

MIDI規格ができる前はシンセサイザーとその周辺機器(リズムボックス、シーケンサーなど)を繋ぐのに
違う信号のケーブル2本が必要だったし、採用している方式が違うと同じメーカーのシンセサイザーでも直接繋ぐことができなかった。
それを1本のケーブルですべてのメーカーの機器を繋げて同時に鳴らして音を厚くしたり、自動演奏できるようになったのは画期的だった。

プロフェット5の登場は衝撃的で、5音同時に鳴らせて両手で普通に弾ける高性能シンセサイザーは誰もが待ちわびていたマシンだった。
さらに40個も作った音色を記憶させることができ、演奏中にボタンで簡単に呼び出せて、カセットテープに(!)保存することまでできた。

日本での定価は確か170万円で極めて高価だったがその音色は素晴らしく独特で当時のあらゆるレコードに刻まれていた。
クリーンな音色にわざとノイズを混ぜてこの機種独自のモジュレーションで「汚した」複雑不安定な音色は他の機種では真似のしようがなかった。
そしてあのデザインはシンセサイザーの中でも機能的であり芸術的でもある、最高峰といっていい。

ご冥福をお祈りいたします。


引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654140348