【音楽】「僕たちの失敗」の森田童子の父親は、なんとあの人だった
picture
1:ID:CAP_USER9

「僕たちの失敗」の森田童子の父親は、なんとあの人だった
1/1(土) 6:02 現代ビジネス

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8dba05c3a97069f421916149e82c31ddb369695?page=1


----------
作詩家であり、作家のなかにし礼が亡くなって1年が経つ。それにあわせ、死後に自宅から発見された未発表作品『血の歌』(毎日新聞出版)が刊行された。そこに書かれていた主題が、一部で波紋を呼んでいる。なかにしの代表作『兄弟』で描かれたあの破滅的な兄。その娘こそ、一世を風靡した森田童子であったのだ。つまり、森田は、なかにしの姪にあたる。なぜ、なかにしは森田との関係をここで明かすことになったのか。森田と交流もあった元『ガロ』編集長の高野慎三が記す。
----------

◆テレビドラマ『高校教師』のあの歌声

(※中略)

◆突然の電話

(※中略)

 そんなある日、森田童子の関係者から突然の電話がある。用件は、「つげ義春さんの作品を使用したいのですが」との問い合わせだ。

 わたしは1967年から71年までマンガ雑誌『ガロ』の編集長を務め、つげ義春さんを担当した。その縁で、辞めてからもつげさんの取次役のようなことをやっていた。つげさんに連絡を取ると即時に承諾。「使用料は考えないで」との言葉も伝えた。また別の日に「作品のタイトルをコンサート名にしてもいいですか?」と問われ、これもつげさんから了解を得た。

 森田童子がつげ義春の愛読者であることを知って、わたしは新たに格別の興味を抱いた。それでも、もっと歌を聞いてみたいとまではならなかった。

◆森田はなぜつげ義春に執着したか

 ところがである。「これから森田とお邪魔します」と、また電話があった。1時間ほどして、杉板づくりの大きなリンゴ箱を肩に担いだ男性が、わたしが営む小さな文具店のガラス戸を開けた。「森田がいろいろお世話になりました」と言うと、表通りの歩道をふり返った。帽子を深くかぶったサングラス姿の彼女が深々とお辞儀をした。あわててわたしも返した。パートナーと思われる男性は「これからつげさんにもお届けします」と急いで車に戻った。森田童子と接したのはこのときが最初であり、最後だ。

 挨拶の言葉ひとつ交わすこともなかったが、感じのいい出会いだった。

 同じころ、住まいに近い渋谷道玄坂裏の円山町のラブホテル街の電柱に「森田童子コンサート・夜行1」とか「大場電気鍍金工業所コンサート」とかのステッカーを見かけた。『夜行』は、つげ義春の新作を掲載した本だ。どれほど彼女がつげ義春に執着しているかを想った。いや、つげ義春だけではない。下町葛飾の労働者たちの60年安保闘争を描いた実弟のつげ忠男のマンガ集『懐かしのメロディ』に寄せて、彼女は「絶望と孤独の風景」と綴り、つげ忠男への限りない愛惜を表明した。

(※中略)

◆なかにし礼の『血の歌』が明かす森田童子の過去

(※中略)

 そして、いまになって、なかにし礼の未発表小説『血の歌』(毎日新聞出版)によって、森田童子の過去が明らかにされた(作品のなかでは「美納子」「森谷王子」となっている)。森田童子は、なかにし礼の姪だったのだ。なかにし礼の代表作である『兄弟』のモデルだった、「特攻帰り」で、戦後、放埒に生きたという実兄の娘だったのである。そのあまりに衝撃的な人間関係に驚きを禁じ得ないが、しかし、それらはある意味、充分に納得のいく事柄であった。

◆荒廃した父親を通して「戦後」を感知し続けた

 《堕ちていくばかりの父親と、それに振り回される家族がいた。墜落を恐れながら、みずからさらなる墜落を求める父。あるいは美納子は中西よりも、いや中西の背中越しに、戦争の興奮を見てしまったのかもしれない。そして、興奮から遅れてやってくる、傷と孤独。それは美納子にとって、時代の儚さであり、自分の命の悲哀であったのではないか》(『血の歌』より)

 森田童子の歌から感受される途方もない「暗さ」は、たんに父親という存在の個性に求められるべきではないだろう。青春期に戦争を体験した、いわれるところの純粋戦中派にとって、敗戦後をどのように過ごしたかは、ひとりの個人の問題に還元されるべきことがらではない。つげ忠男がいくつものマンガで描き続けた「特攻帰りのサブ」の生き死には、B29撃墜の戦闘機パイロットであった父親像とみごとにオーバーラップする。いわば、敗戦後における父親の自堕落な姿は、下町で虚勢を張る与太者の「サブ」と寸分の違いもない。


3:ID:C3buCOPW0

>>1
何を言いたいのかわからない


8:ID:oNBV8tH20

>>3
わかるけど文章下手だよな


35:ID:bYaYu5MG0

>>3
最近日本語下手くそな奴が書く記事多くなったよな


57:ID:YpGhVP+z0

>>3
なかにし礼『血の歌』は毎日新聞出版より好評発売中(Amazonリンク


83:ID:TwfaG7Xp0

>>3
リンク先で全文読めばわかる
それでもわからないならお前がバカなだけ


107:ID:8jIoTD8J0

>>3
とりあえず人物相関図だけ出せばそれですむ話な気がする


153:ID:nSLOxdyY0

>>3
面白くもないしね


177:ID:JmpaDXMv0

>>3
俺には何の問題も無く読めるわ。
多分、中西と兄の話、それこら森田の作品を多少なりとも知ってたら、>>1の文章はスラスラ読めるのかもしれない。

これとんでもない話だな


214:ID:y2RByEdG0

>>3
すごい読みやすい文章だと思った


241:ID:avGrSbVp0

>>3
それ


262:ID:D9ReKhBz0

>>3
なかにし礼の兄の娘で
「兄弟」って話に出て来る美納子が森田童子だってこと。


293:ID:FANdMYIO0

>>3
兄さん死んでくれてありがとうな話も森田童子の歌も知らない人には意味不明だろう
そこらへんの知識のある者には実に興味深い話だね


300:ID:4AlKZ6fC0

>>83
わざわざリンク先で全文読むバカ発見


304:ID:N+9f6mZV0

>>300
横だかソース元を読まないで「分からない分からない」言ってる方がよほどバカだと思うぞ


418:ID:i9HfwKXc0

>>300
もしそれを本気で言ってるのなら君は色々と手遅れだよ
マジで心配


4:ID:J0KRD3BH0

そんなこといったら、宇多田ヒカルの母親は藤圭子だぞ。


267:ID:UCTIPbyj0

>>4
宇多田が死んだら同じように結びつけて言われるだろ


329:ID:HsNRH40Y0

>>4
前川清が離婚しなかったら宇多田ヒカルはこの世にいなかった


27:ID:qX5eWxcI0

つげとなかにし礼はどういう関係なの?


38:ID:xKx7De9b0

わたしとしたことがあなたの姪だった


53:ID:de/99LcB0

そんな難しい文章か?w
ほんとお前ら読解力やばいよなw


70:ID:E0riSbKC0

>>53
回りくどい
3行で説明できる事案


75:ID:DEfpbpRI0

>>53
>森田童子の歌から感受される途方もない「暗さ」は、たんに父親という存在の個性に求められるべきではないだろう。

これとかおかしな文章じゃね?


180:ID:yj3UHmFt0

>>53
5ちゃんとTwitterとまとめブログでしか文章読まない層は
長文が読めなくなる


55:ID:p5G7hwdA0

森田童子が一世を風靡したなんて全く記憶にないな


93:ID:TwfaG7Xp0

風吹ジュンが事務所移籍するときに元所属のアドプロの社長、なかにし礼、さらにはなかにし礼の兄が関わって風吹ジュン誘拐事件というのが起きたらしい

そのアドプロの社長が森田童子の夫とのこと。
これこそ意味わからん


103:ID:OYy6/xNv0

>>93
森田童子のマネージャーで夫でもあった
前田亜土(アド)が森田童子の父である中西正一
と一緒にアドプロモーションを作った。
当然中西正一もアドプロモーションの関係者


125:ID:920AvJdu0

>>93
てか誰かなかにし家家系図書いてよ
確か嫁家族も母親も小説化してるでしょ


158:ID:UtUHc+cz0

>>93
ボロクソ言っても兄貴利用してるじゃん


104:ID:Cu73/xkE0

スラスラ読めて情景も目に浮かぶいい文章だと思ったが違うのか


128:ID:V3GCzJvJ0

>>104
馬鹿は理解しようとしないし
アニキというキャラクターのリテラシーも無い
もちろんつげもガロも知ったことではない
宇宙語で書かれているものを読みづらい言っているだけ


152:ID:RdRDTK6G0

>>104
文章読めない子が増えてるって聞いたけど本当だね
なぜ理解できないのか不思議


115:ID:ywzSAb1h0

なかにし礼のコネでドラマ主題歌をゲットしたと言いたいんだな


131:ID:BDG5O/0X0

森田童子がなかにし礼の姪だったって話は今から一年前に哲学者の永井均氏がツイートしてるね

https://togetter.com/li/1642482



それより少し前の別の人のblogで、森田の本名や風吹ジュン誘拐事件について書いてる
昔の週刊平凡に載った記事のようだが森田の本名ってWikipediaにも書いてない情報だよな

https://ameblo.jp/morino3106/entry-12636293643.html


161:ID:t3xeUbF+0

>>131
美乃生って何て読むの?


343:ID:NUzxocjK0

>>131
リンク先読んだ!凄い!


375:ID:kjQs7EZA0

>>131
前田美乃生

これはなんて読むの


449:ID:RHzgIugx0

>>131
こっちの記事のほうが驚いたわ
ザ芸能界やな


473:ID:AyT223zV0

>>131
なかにし礼ってコメンテーターで見たことあるけど、ヤクザやんw


479:ID:NUzxocjK0

>>131
この森田童子ヲタの哲学者も面白いね
風吹じゅん事件の翌年に森田童子がデビューしているとか
ヲタの目から見ても森田童子は嘘つきなのではないかとか


502:ID:UCTIPbyj0

>>131
「兄に迷惑かけられた」どころか「兄とつるんで悪事を働いた」としか思えなくて笑うわ
そういえば安西マリアも失踪事件があったな


516:ID:B6HLaKCS0

>>131
なかにし礼怖っ怖っ


832:ID:Azas5kzG0

>>131
厭世感どっぷりの浮世離れした歌手を装いながら
反社の芸能プロ社長とねんごろになって
父や叔父と一緒に暴行、誘拐、恐喝に関わってたのか
そりゃ、引退後は世間から身を隠すしかなかったろう
イメージが違いすぎてドン引き
なかにしを許容して持ち上げ続けた芸能界とマスコミも
「そういう(寛容な?)時代だった」としか言いようがない


254:ID:Xy+3qlGk0

中西と森田に血縁関係があったとして、それ以外は全てこじつけだな


286:ID:gCLBK/lA0

何か言いたいかわからんって言ってる人多くて違和感
そんな分かりにくい文章か?


290:ID:N+9f6mZV0

>>286
ネットのせいでちょっとでも文学的なもって回った言いまわしをする文章を読めない人間が増えてるんだろうね


294:ID:I0tIUy0t0

>>286
変なところで中略になってるからな
リンク先で全文読むとちゃんと理解できる


301:ID:wkk/61vp0

>>286
皆国語力低下してるな


519:ID:Z+J0BVJE0

ファンには周知の事実だったらしいが自分もサンデー毎日で知った


584:ID:IVDKfIdl0

森田童子の素顔は目がクリッとした美人


616:ID:HKCxYVGA0

スレタイを『森田童子の叔父はなんとあの人だった』に変えてくれ


829:ID:4PBymPuY0

みゆきは美人過ぎて悲恋を歌っても説得力がないのである


879:ID:pgtrlGjC0

なかにし礼の姪という確証もない あくまで憶測で書いた記事


901:ID:qYUKALch0

なかにし礼は身内ネタで稼ぎまくりだったからな


903:ID:kUfY2ove0

童子の学費とか童子一家の生活費は当時稼ぎまくってたなかにし礼が払ってたらしいな


929:ID:ORaWdB100

ライターが言いたいこと
・つげ義春は偉大
・戦後は終わらないのである


引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641069664/